エフケーハウジング株式会社


[会社URL:https://www.fkh.co.jp/ideaExcavating Market

札幌を拠点に注文住宅を提供しているエフケーハウジングです。新築・増改築・リフォームなど天然木を使った温もりある住まいについて是非ご相談ください。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく、英語: residence)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。周囲の環境から居住者の快適な生活を守るものであり、生活範囲となる環境を含める場合もある。 ここで言う“周囲の環境”とは、気候(雨、風、雪、暑さ、寒さ、湿気など)、騒音、異臭、他人の視線や聞き耳(→プライバシーの保護)、天敵(猛獣、猛禽、害虫など)など、立地条件によって異なるものであり、住宅に求められる対応もそれによって異なる。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。 遙かな古代には人類は採集のために移動生活を行ってきたが、やがて定住を行うようになるとともに、固定し容易に移動できない形での巣を営むようになった。これが住宅である。人類は定住するに当たり、まずはその近辺に豊富にある材料を寄せ集めて住宅を作った。こうして近隣で豊富に取れる材料を使って住宅を建設することは近代までは一般的な生活様式となり、このため世界各地でその風土に合わせた様々な材料の住宅が存在するようになった。近代までの住宅の材料には、石、木、煉瓦などが多く使用されることが多かった。また、移動の多い遊牧民などは動物の毛や皮などを使ったテントを宿営地に建てたが、これも住居の一種である。近代以降になると、コンクリートなどの新しい建築材料が登場するようになった。
※テキストはWikipedia より引用しています。

最近は、木の材質にもこだわり、木を熟知した上で素材を選んで、注文住宅を依頼される方が増えています。木の温かみが感じられ、まるで自然に囲まれたような家造りが、ここ札幌でも人気です。 従来の型にはまった考えではなく、他の家とは違う個性や自分らしさを、家に反映される方も多いです。たとえば、どこかペンションのような、ホテルの一室のような、まるで生活感のない感じを望まれる方もいらっしゃいます。それは、おしゃれな札幌の雰囲気をそのままに、家へ持ち込み癒されたいという気持ちの表れかとも思われます。 あるいは森に溶け込んだ家造りで、生活感がなく、旅行気分になるような木のぬくもりを感じられる家も少なくありません。規定概念に囚われず、生活感を隠すアイデアは素敵です。 今までに生活してきた中で、あったら便利だと思うものとか、ちょっとしたことでも相談できるのが、注文住宅の利点です。札幌で、自分だけの唯一無二の家を、注文住宅で叶えましょう。
Tagged on: , エフケーハウジング株式会社