art studio TACT


[会社URL:http://unitechnous.com/concept.html

Excavating Market

和歌山市モデルハウス、注文住宅のユニテクノス建築設計事務所で自由設計の新築を設計士と建築。健康住宅・無エアコンの家・木の家・無垢の床・自然素材・漆喰・収納・ガレージ。海南・岩出・紀の川・有田・田辺・橋本。

住宅の関連情報

住宅(じゅうたく、英語: residence)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。周囲の環境から居住者の快適な生活を守るものであり、生活範囲となる環境を含める場合もある。 ここで言う“周囲の環境”とは、気候(雨、風、雪、暑さ、寒さ、湿気など)、騒音、異臭、他人の視線や聞き耳(→プライバシーの保護)、天敵(猛獣、猛禽、害虫など)など、立地条件によって異なるものであり、住宅に求められる対応もそれによって異なる。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。 遙かな古代には人類は採集のために移動生活を行ってきたが、やがて定住を行うようになるとともに、固定し容易に移動できない形での巣を営むようになった。これが住宅である。人類は定住するに当たり、まずはその近辺に豊富にある材料を寄せ集めて住宅を作った。こうして近隣で豊富に取れる材料を使って住宅を建設することは近代までは一般的な生活様式となり、このため世界各地でその風土に合わせた様々な材料の住宅が存在するようになった。近代までの住宅の材料には、石、木、煉瓦などが多く使用されることが多かった。また、移動の多い遊牧民などは動物の毛や皮などを使ったテントを宿営地に建てたが、これも住居の一種である。近代以降になると、コンクリートなどの新しい建築材料が登場するようになった。
※テキストはWikipedia より引用しています。

和歌山にあるユニテクノス建築設計事務所 有限会社匠人は和歌山を中心に住宅の施工をはじめ設計、管理、リフォームを行っている会社です。 アート・オーガニック・パッシブの3つのコンセプトで家に帰ることにワクワクするような心のときめきや感動が生まれるような美しい家造りをはじめ安心・安全・健康にこだわった無添加素材を活用した健康が促進されるような家造りを行っています。 その他にも太陽の光・太陽の熱・風などの自然エネルギーを活かした快適な住環境を実現した設計手法で自然エネルギーをうまく活用し心地よさを追求した家を提供しています。 また注文住宅を建てる際には安心して家造りに参加してもらえるよう相談から敷地調査、プレゼンテーション、設計、工事着工、完成、アフターサービスまで一貫して行っています。
Tagged on: , art studio TACT