七五三撮影 Aimer-フォトスタジオ エメ


Excavating Market

写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京で七五三写真を撮影する場合、撮影した写真をまとめて写真集にする方も多いでしょう。いろいろなポーズで撮影したり、場所を変えたり衣装を変えたりした場合は写真の数も多くなりがちです。一枚ごとの写真やデータの形で保存しておくよりは、写真集の形にまとめたほうが後で見返しやすく保存もしやすいので後々まで楽しめる七五三写真となることでしょう。 その際に考えたいのが写真集増刷という事です。家族で一冊持っておくのはもちろんですが、遠く離れたおじいちゃんおばあちゃんも成長した孫の姿を楽しみにしているかもしれません。また、お子さんが将来巣立つときに思い出として持たせてあげるというのも素敵です。ぜひ、写真集増刷で楽しみ方を広げていきましょう。
Tagged on: , 七五三撮影 Aimer-フォトスタジオ エメ