株式会社日本エウレカ


Excavating Market

鮮度維持装置のDENBA+など世界初の空間静電波技術を搭載した、独自特許技術のDENBA(EUREKA) technologyで鮮度を保持し、ロス率軽減で美味しさそのままに保ちます。鮮度保持については日本エウレカへ。

食品の関連情報

食品(しょくひん、食べ物、独: Lebensmittel、羅: alimentum)は、人間が食事で摂取する物。最初の食品は母乳。地域や時代において広く用いられる食品として、ペミカンや缶詰が挙げられる。食品と同義であり明確な線引はないが、肉類や野菜類、果実類など主食品以外の食べ物品目、または調理前の食品を食料品(しょくりょうひん)とすることもある。 人間は生きるために、食品を食べて栄養素の摂取している。医療を目的としたものは薬とよび、食品と区別される事が多いが、薬とは定義されない健康食品と呼ばれるものもある。 生物は食品を味わうことは快楽になるので、嗜好品としての要素もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

「DENBA+」は、空間静電波を利用した、後付けタイプの鮮度維持装置です。この鮮度維持装置「DENBA+」は、鮮度保持・解凍・冷凍の3つの場面で活用することができます。「DENBA+」を設置し、食品を冷蔵保存をした場合、凍結せずに新鮮な状態を保つことができます。また、菌の増殖を抑えることもできます。解凍する時には、冷凍保存していた食品の表面と芯部を同時に解凍します。細胞破壊を最小限にすることによって、旨味成分を含んだドリップの流出を防ぎます。冷凍保存の際は、マイナス18度から20度で、急速に冷凍を行います。これにより、食品の細胞を壊さずに冷凍することが可能なります。「DENBA+」を使用することで、より安全で食品の美味しさを減少させない保存が可能となります。
Tagged on: , 株式会社日本エウレカ