京生麩のお店 愛麩


[会社URL:http://www.manafu.jp/menu/

Excavating Market

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

「麩」といえばみそ汁の具や煮物の具材として多く使われています。この場合の麩は油で揚げる「油麩」や焼きあげる「焼き麩」であることがほとんどです。皆さんは「生麩(なまふ)」をご存知でしょうか。生麩とは、小麦粉を水の中で練り、抽出させたグルテンを蒸しあげて作られたものです。先述の焼き麩等と比べてもっちりとした食感が魅力です。京都にある生麩Barのお店「京生麩のお店・愛麩」では、生麩にヨモギや道明寺などを練り込んで季節を表したり、木の芽味噌をのせて田楽風にアレンジしたりと見た目や味わいで楽しめる生麩を提供しています。食事系のみならず、スイーツ風にアレンジしたメニューなども提供しています。どのメニューも1口で食べられる大きさ。あらゆる世代の方が楽しめるよう工夫されている物ばかりです。この生麩Barは2017年12月に平安神宮境内にオープンしたばかりのお店です。平安神宮へ参拝した帰りに立ち寄ることもできます。スイーツメニューの中には、金箔トッピングがなされたものもあります。ご利益を感じながら生麩を味わえるところが人気です。生麩Barの価格帯は、食事系は1本400円から、スイーツ系は500円と安価です。おすすめは好みの味を選べる3本セットとソフトドリンク付きのメニューです。単品で購入するよりもお得に食べることができます。ソフトドリンクだけではなく、ハイボールやビールのセットもありますので、ほろ酔い気分で生麩の味を楽しめるところも良いところです。生麩は出来たての温かい物を食べるのが一番おいしいとされています。このお店では、その出来たての生麩をジャストタイミングで食べることができると好評です。オープンしたてのお店ですが、今後もたくさんのメニュー展開が期待できます。皆さんも色鮮やかな出来たての生麩を味わいに、平安神宮へ訪れてみませんか。季節の移ろいを肌で感じながら、季節感たっぷりの生麩を楽しむことができます。
Tagged on: , 京生麩のお店 愛麩