インポートウェディングドレスのレンタル、販売ならフルールドリス


[会社URL:https://www.fleur-de-lys.jp/select_dress/

Excavating Market

プロノビアスなどのインポートウェディングドレスのレンタル・販売はフルールドリス。プロノビアス(PRONOVIAS)、ジャスティンアレクサンダー他有名ブランドのウェディングドレスをリーズナブルな価格でレンタル・販売を行っております。タキシードもレンタルしております。

洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

長年にわたり世界中の花嫁から愛されているウェディングドレスブランドの一つに、プロノビアスがあります。デザインと品質を追求していて、着心地も良いことから日本でも人気はかなり高くなっています。フリールドリスは、ウェディングドレスの販売とレンタルを行なっているショップの一つであり、プロノビアスも取り扱っていた数多くの種類から選ぶことができます。ウェディングドレスの購入やレンタルとなれば、気になるのは必要となるトータル費用の違いですが、それのみで判断するべきではありません。挙式まで細しっかりとしたサポートがあり、美しく着こなすための調整をしっかり行ってくれるショップを選ぶ必要があります。フルールドリスのスタイリストは、経験豊富であり一人ひとりに似合うドレスの提案やアドバイスをしてくれるのはもちろんのこと、ヘアメイクやアイテム、立ち振る舞いなども行ってもらうことができますが、それもウェディングドレスの購入やレンタル代金に含まれているので、追加費用で頭を悩ませる必要もありません。フリールドリスはレンタルは三万円から三十万円で、購入する場合には三万円から四十五万円となっていた幅も広いので、予算に合わせて選んでいけます。インポートドレスは高額になりがちですが、フリールドリスでは人件費や家賃といった固定費を最小限に抑えていることにより、金銭面の負担の軽減にもつながっていてお得です。パニエやビスチェ、アクセサリーも二点まで無料となっていて、ウェディングシューズも込みになっていて、これらのアイテムのレンタルに関しては追加費用が発生することはありません。自らで用意することももちろん可能となっていますが、ウェディングドレスにぴったりの小物類やより美しくきこなすための小物は、ドレスに合わせるべきでありフリールドリスではそれぞれのドレスにぴったり合う、適した小物類を無料で借りることができるという魅力があります。
Tagged on: , インポートウェディングドレスのレンタル、販売ならフルールドリス