JOURNEY FACTORY|東京のリメイク・リペア専門店|ジーンズ修理|デニム職人


[会社URL:https://www.journey-factory.com/about-us/

Excavating Market

東京で工房を構えるリメイク・リペア専門店JOURNEY FACTORY。これまで携わったジーンズのリペア・リメイクは10.000本以上。デニムで有名な児島でリメイク工房経験を積んだ職人が担当致します。

洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

修復して元の状態に戻したり、今の状態を活かして魅力的に作り替えるなど、2015年に創立してからリペア・リメイク専門の工房兼店舗として携わっています。店舗も設備も大きく、ジーンズで有名(パイオニア)となる地で経験を積んだ職人が担当に就くため、安心・信頼度も高め傾向です。職人はファッション業界にも精通していて、スタイリッシュなリメイク提案も行える強みさえあります。例えば、デニム生地を使い、POPな雰囲気の提案もできるため、女性からの評判を集めているようです。ヴィンテージのデニムのリペア・修理方法も5つのオーダーで用意する念の入れようで、標準・修復はもちろん、あて布・補強・配色リペアも担います。修理するにしても、仕上りイメージでのトラブルがないように、同じ方向性のイメージを共有することに努めてくれます。ですから、イメージが違う・気に入らないなどのトラブルや心配もほとんどありません。特に、ヴィンテージ物は、未着・着用どちらにおいても大事にされているケースが多く、コチラの工房兼店舗では、担当職人が初診から縫製まで対応する一貫性がウリです。また、こだわりは糸と縫い方にもあり、特殊なミシンも扱い、ほぼデニム生地と同化する修復の期待ができます。それでも気に入らない場合には、1回のみ修正ができるサービスも評価されています。完全予約制での対応だからこそ、修理費も含めてじっくり相談ができ、営業時間も9時~23時迄というように、お客さん目線で、気配りも評価されています。気になる修理費も、ヴィンテージ物であればダメージ具合も異なるため、実物を見てから見積もりを出してくれます。作業時間と技術料から算出されるのですが、デニム生地を傷めないように手作業で行っているのもコチラの特徴です。それだけの品質もウリですが、修理費に関しては希望に合わせたプランに変更することも可能で、簡易なもの・必要な部分のみなどで検討してくれます。
Tagged on: , JOURNEY FACTORY|東京のリメイク・リペア専門店|ジーンズ修理|デニム職人