スタジオハーブ


Excavating Market

都内の撮影ハウススタジオSTUDIO HERB。銀座から30分、綺麗な部屋、テラスから差し込むたっぷりの自然光はモデル撮影に最適です。雰囲気作りに欠かせないアンティーク家具やビンテージ小道具なども無料レンタル。駐車3台OK。総面積100坪。

写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

窓から差し込む自然な太陽光を生かした都内の撮影ハウススタジオです。いま人気のテラコッタ風タイルのスタジオにはアンティーク調の雑貨や家具もよく馴染み、ワンランク上のオシャレな空間を演出することができます。さらにタイルの暖かな色味が写真全体をやわらかな雰囲気に仕上げてくれます。 テラコッタとは、もともとイタリア語で「焼いた土」という意味があります。自然な土を素焼きしてタイルにしたものをテラコッタタイルと呼び、その自然な土の優しいベージュ色や1枚1枚の風合いに味があることが特徴です。テラコッタ風タイルのスタジオで自然光を使い撮影することで、都会にいながらもよりナチュラルで暖かみのある写真を撮影することができます。
Tagged on: , スタジオハーブ