浪貝畳店


[会社URL:http://namigaitatamiten.com/price/Excavating Market

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。


畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

世田谷区にある浪貝畳店は創業70年を誇る老舗です。日本の住宅にはかかせない畳は、フローリングとは違い、独特の柔らかさがあり、そのまま寝転んでもゴツゴツとした痛みを感じません。調湿効果、断熱効果、い草の香りによるリラックス効果と、畳による日本住宅へのメリットはとても大きい。また新品の畳がみせる初期の緑色から月日の経過とともに、段々と飴色に変わる姿も美しく、例え表面がすり減ってしまったとしても、畳張替えで、新品のように生まれ変わり、長く使えるのも魅力的です。世田谷区で、長年に渡りこの畳を生業としてきた浪貝畳店は、高級で質の良い日本産のい草からリーズナブルな外国産まで取り揃え、培われた職人の技により、美しい畳目を織り成します。
Tagged on: , 浪貝畳店